0

名古屋テレビ

「’94朝日広告賞」部門賞受賞のテレビ局全15段広告。時はバブル崩壊直後。不景気ムードを吹き飛ばそうと”見得を切る”浮世絵風の人物イラストと筆書きの口上風コピー。所属プロダクション社長の称賛の裏で、役員からは「賞を取ったくらいでいい気になるなよ」のひとこと。マンネリ化した日常に転機を与えてくれた仕事。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です